PRESENT

アクセスカウンタ

zoom RSS 鹿児島市訪問 知覧のみどころ

<<   作成日時 : 2010/01/23 11:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日鹿児島市へ所用にて訪問いたしました。


観光の時間があったので、武家屋敷を見学していたら

ちらん人形博物館
へ寄り道することに・・・。


ここの人形博物館は多種多数の人形があります。
雛人形、キューピーちゃん、ペコちゃん人形、バービーちゃん人形や着せ替えドレス、
こけし人形、ロシア人形、家が建つほどの値段がつくという日本人形、
昭和初期を思わせるミニノートやブリキのキーホルダーといった
なつかしグッズも多数ありました。
よく、集めてあるな〜。
コレクターには興味深いでしょう!
ヴィトンやコーチばかり集めないで
このようなものを見学するのも風流かな?

心に残ったのが日本の特攻隊のお話。
館長さんが一枚の写真とともにエピソードをお話してくれました。

戦争中の日本の特攻隊の母親は自分のかわりにと
息子にお人形を持たせたりしていたそうです。

その青年が飛行機に乗り込む前の人形とともに写っている一枚の写真。
帰らぬ人となるとは思えない、
そこがまたなんともいえないもどかしさを感じるお写真でした。

この形見のお人形と同じ製作者のお人形が
偶然館長さんの手に入り、この博物館にあります。
お人形の世界でいえば姉妹ということですが、
思い出の運命的なお人形として置いてあります。


そして写真のほうは知覧特攻平和資料館の中にもあります。

こちらの資料館にも行きましたが、
日本の特攻隊は
18歳から24歳くらいの青年がおもで
資料館のほうには、母や家族へあてた手紙などの展示や
B21やVTRなどもあり勉強になります。
家族への手紙などは涙さそうものがあります。

悲しいですが、知っておかなくてはいけない日本の過去です。
戦争をしらない世代からすると
戦争の苦しさなんてわからないけれど、
日常生活でのちょっとした悩みは小さくみえたりします。

昔の青年のほうがしっかりしていたっぽいです。
字もうまいし。

あ、ちらん人形博物館
コーヒー・紅茶も最後に飲めます。
コーヒーを頼んだら
ウェッジウッドのカップとソーサーだったので
私はご機嫌でした。
器も大事ですもんね。お茶会は。

おすすめ人形博物館です。

あと桜島が噴火していましたけど、
大丈夫だったんでしょうか。
いつものことです。
といわれてしまえば問題ないことですが、
モクモクと煙があがっていたのでちょっと心配です。

鹿児島市から新八代(熊本)まで限定期間で
九州新幹線が運営されています。
2011年には博多〜鹿児島まで開通しますけど
乗ってみたいものです。まだ乗っていない。
きれいみたいです。

そして鹿児島市内は市内電車やバスが多いイメージ。
なんだかエコッぽいし、住み安そうな街でした。
家賃とか高いようです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
鹿児島市訪問 知覧のみどころ PRESENT/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる