PRESENT

アクセスカウンタ

zoom RSS クリスチャンになってよかったこと 〜恋編 Part2〜

<<   作成日時 : 2008/03/01 11:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 3

先日にひきつづき、

恋というか愛というか男性と女性についてです。

クリスチャンとなったからには、
聖書的な恋愛・結婚をしなくては!と思います。

「人がひとりでいるのはよくない。
あなたのために素晴らしい助け手を与えよう」

聖書はこのようにパートナーを持つことを
よしとしている箇所もあれば

「ひとりでいるのはさらに良いことです」
独身はさらによいことだ、とも書いてあります。

しかし、うちの牧師夫人がいうには、
この独身というものは、
パウロ=非常に優秀な弟子・献身者のような、
何か非常に特殊な人が独身であるべきで
私たち一般人には結婚することを奨励してあります。


結婚前のおつきあいにおいて・・・・、
クリスチャンは婚前交渉・婚外交渉禁止です。
彼氏彼女と1泊お泊りなんて、ダメです。

「お互いの貞操を神様にあって守ること」
「人のものを欲しがらない(=不倫・奪略はだめ)」

この部分においてはある程度大人になって
クリスチャンになった人は最初は抵抗があるようですが、
子供の頃から親に教会に連れて行かれたりしていた人は
「当たり前」と思って過ごしています。。

私たちよりちょい上の世代は彼氏彼女がいない方が恥ずかしかった。
いわゆるバブル時期に青春時代を過ごした方々、
そういう世代の方々からは笑われるか逆に新鮮だと感じられるようです。

そもそも、おつきあいをする場合は
牧師先生に言わないといけないのよ。
↑これをノンクリ友人に話したら、マジウケしてたのよね。

笑うな!ってか。
しかし、私も最初それを聞いたとき
「?」だったよ。
そんな大きなお世話よ!ほっといて!
なんて思っていました。
今だったら分かります。
クリスチャン的にはそれが本来のあるべき姿よね。

クリスチャンのおつきあいの場合、自分の感情・意思より
2人の関係が神様の手の中にあることを覚えて、
神様に祈りながら、過去も未来も知っておられる神様に祈りながら、
かつ、2人とも神様との関係を保ちながら、
同じミニストリーをしていくのにふさわしいか、
伴侶としてふさわしいか、をみながら
神様を中心とした人間関係を築きあげていかなくてはいけないので
牧師先生にお尋ね、報告をしながら進むのがよろしいかと思います。

でないと危険ですね。


クリスチャンになってちょっと恋をした時が
信仰もなにもかも怪しくなってきておりました。
過ぎ去った今だからこそいえるけど
あのときのおつきあいは正しくない例だったんだ。
神様を中心におく関係でないと壊れることを学びました。

自分にとってもっとベストな方を
神様は備えてくださっていると思います。

男性を心底愛した経験がほんのわずかしか私にはありませんが、
生涯の伴侶のための練習!とでも思っておこう。
やれば愛せるではないか。って感じです。(笑)

愛と平和の神を拝するようになって
男性不信がクリスチャンになって治ったのです。。。。。
(あくまでも私の場合)


こういうわけで
世の中では恋愛・結婚・離婚・再婚を繰り広げ
すったもんだやっておりますが、
別にそれを否定するわけではありません。

私が思うのは、自分の場合、世の中にはもう戻れないということ。
世の中的な男女のおつきあいはできないこと。

神様を中心とした人間関係を全くの他人と新しく築き、
親から身も心も経済も独立して新しい家庭をきづくのが
クリスチャン(同士)の結婚です。

この神様に認められた2人による
聖なる結婚の意味を十分理解したうえで
クリスチャン同士のカップルが増えていくように
祈っていきたいと思います。















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた
面白い

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ブログ拝見しました。
私もクリスチャン(20歳のとき信仰を持って今2年目です)ですが、その通りだな、と思いながら読ませていただきました。
お付き合いも結婚も、神様を中心としたもの、クリスチャン同士としてお互いに支え合い、高め合って行けるものであるべきだな、そうでなくてはならないな、と強く感じました。
私はまだ大学生ですし結婚を考えるのは早いですが、男の子と仲良くなったり好意を示されたりした時、またはそれを感じた時、必ず神様に問いかけています。Holy spiritが何か伝えてきたり、神様から何も言われたりすることがない時は、傷つけないようにさりげなく距離を置くようにしています。(でも結構難しくてstruggleしたりしています)
それより何より、神様への愛の気持ちでいっぱい過ぎて、神様のよきservant(日本語でなんというか…仕える者でしょうか?)になれるように…という気持ちが強くて、まだ他の人を愛するというのは難しそうです。
だって、私たちが最も愛しているのはイエス様ですもんね!!
私も、神様が神様のタイミングで、私にとって一番言い方を準備してくださっていると思います。
なんか思っていることを上手く書けていないような気がしますし、意味のわからないことを言っていると感じられたり、私の文面から不快な思いをされてしまったら申し訳なく思います。

Rachel
2010/09/01 06:04
私はクリスチャンです!そして今付き合っている彼もクリスチャンです。
私はいろんな男の人と付き合ってきてきましたがやっぱり神様が選んだ人じゃないと思いました。
でも今の彼と出会って…神様が出会わせてくれたのかもしれない。と思うようになりました。でもそういうにでも困難は
訪れてくるものなのか?と最近思っています。神様が考えているご計画通りに私はできているのか悩みます。
やっぱり祈っていくことが大切なんだと
いうことを最近実感してます。
これから先どうなるかわかりませんが
神様のご計画通りになることを
祈っていきたいと思ってます
ゆうか
2012/03/20 19:50
私もクリスチャンで、今21歳です。20歳を超えたころから真剣に将来のパートナーの事について祈り始めました。クリスチャンの男性、(細かく言いますと、主の道を正しく歩むクリスチャンであって、共に祈り、聖書を読み、賛美し、励まし合うことのできる方)を私のパートナーとして与えて下さいとお祈りしていました。そんなとき、引っ越し先で訪れた教会である男の子に会いました。 私はすぐに、「この子?」と思いました。 経緯を全部話すと長すぎるのでかなり端折ってますが、。 彼は同い年のクリスチャンでしっかりした信仰とそれに見合った行動のある子で素敵な子でした。そして彼は牧師さんの息子さんでした。私の父も牧師なので、このめぐりあわせは神様のわざなのだろうと思わずにはいられません。今はまだ友達です、でもお互い気になってるかも… と薄々気づきながら、クリスチャンらしく一定の距離をとっている状態です。絶対に浅はかな行動はとりたくないです。この世的な恋愛をしたらそっこうで終わるのは分かっているからです。
この現場はオーストラリアなので、信徒の方とお別れするときはだいたい皆とハグしますが、彼にはしません。彼も私にはしてきません。 正直この距離はとても忍耐が入りますが、主がいいよと告げられるまでこのままでいこうと思っています。
毎日私はその子のためにお祈りしています、つねに自分と彼の間にイエス様をおいて、イエス様に私たちの関係を取り成してもらえるようにお祈りしています。 みなさんが思っているように私も、この先どうなるかわかりませんが、神様のご計画通りになることを祈っていきたいと思っています。 huyuumare0204@yahoo.co.jp
E
2012/09/18 19:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
クリスチャンになってよかったこと 〜恋編 Part2〜 PRESENT/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる