PRESENT

アクセスカウンタ

zoom RSS 12月1日は映画の日ってことで・・・、

<<   作成日時 : 2007/12/01 21:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日「マリヤ」を観にいきました。

クリスマスを祝う意味が分かる映画です。
大すじはイエス様誕生までの
ヨセフとマリヤの物語なんですが、
夫婦のあるべき姿を学びました。
夫婦って結局は、恋だの愛だのっていうよりは、
信頼関係なんですね。信じること!


時代背景が現代とは全く違う中、
結婚前(=処女という前提)におなかが大きくなるマリア
(=当時は石打ちの刑です。)
自分の子でないと知っているヨセフは
マリアを離別して遠くへやろうとしていたが、
聖霊が宿した子であることをヨセフは夢で語られ、
マリヤとおなかの子を守りぬいて旅をする物語。

なぜ旅をするかというと自分の国に住民登録をするためかえったのです。
そして、ローマの地では、
ヘロデ王が男の赤ん坊(=イエス様候補)を殺す勅令を出していたからです。
イエス様でない男の赤ちゃんは次々と犠牲になる場面もありました。
そんな時代に、必死に周囲の目をはばかりながら
ヨセフはマリヤとおなかの子を大切に守り
リードして旅をします。。。
ヨセフはクリスチャン男性の模範だなーって思いました。


しかし・・・・、そんな中、
ひっそりと貧しい家畜小屋の中で誕生しました。
神様にも見守られながら誕生されました。

この生まれるシーンとかが
感動しました!!!!

本当、嬉しかったです。
喜ばしいイエス様の誕生!!
といったところかな?


クリスマスのお祝いは、私はクリスチャンなので
イエス様の誕生として毎年祝っていましたけど、
今年は本当に誕生を嬉しく身近に感じれます!

そして、クリスマスはこの映画を観て
家族や夫婦で祝われますようお願いしたい。
クリスチャンであるなしに関わらずです。
聖書を知っていると観やすいです。


この映画・・・・、
ローマ法王のお墨つきで
バチカンでのワールドプレミアが実現
しているようです。。。。

と、パンフに載っていましたが、
映画ファンでもない私は、
意味が分からん・・・???




映画を観た後、現実に戻され、
切らしていたラベンダーオイルを購入した。
(昨日から憂鬱だったので)

そして福岡○丸で恒例のクリスマスツリーを観てきました。
去年のクリスマスツリーはペットボトルのヤツ。
ブルー系ですごく綺麗でした。

今年のは、「永遠に一緒」というコンセプトの
「エンゲージリング」をイメージしたダイヤモンドのツリーでした。
ホワイト×ピンク系のイルミネーションでした。


映画を観た後に「永遠に一緒」って・・・・・、
私に、〜(ヨセフみたいな人と)早く結婚しなさい〜って言われているようだわよ。
しかし、クリスチャン観点からみると
一番はやっぱ、イエス様となるのです。
神様=イエス様=聖霊様(三身一体)と永遠に一緒というのがクリスチャンの特権ですから。


光LEDとツリーの土台は去年と一緒のものです。
エコ、かつ、愛に満ちたツリー(?)とでもしときましょ♪
画像は撮れなかったので載せれません。



今年のクリスマスは
本当に本当に喜んで祝えそうです。

るん♪




















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
12月1日は映画の日ってことで・・・、 PRESENT/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる